2014年06月11日

肩に降る雨 は 生きていてもいいですかの返歌なのか?

P1160198

梅雨の季節になると想い出す曲があります。その曲は、

「肩に降る雨」

中島みゆきご乱心時代、すっかりロック調になってしまった miss M においてラストを飾った印象に残るバラード。その名の通り、降りしきる雨を感じさせる曲。しかし、その歌詞の内容は、肩に降る雨の冷たさに生きている自分を見つめなおしている内容。

3年前に「生きていてもいいですか」の答えは何だ? という記事を書きました。しかしながら、その答えは、生きていかなければならいよという建前が返ってくるから誰も問えないというものでした。つまり答えが出てませんでした。

しかし、この肩に降る雨の歌詞をよく読んでみると、生きていてもいいですかの返歌になっているのではないかと思いました。

NHKのきょうの健康で妄想からの脱却方法として,「心を”今”に向ける」手法が紹介されていました。

過去のことや、将来のことでくよくよ悩み考えすぎてしまって妄想にとらわれてしまった時、今起きていることに心を傾けようという内容でした。

肩に降る雨も、心ここにあらず闇の道へ歩き始めていた自分が、雨の冷たさに気が付き、雨の音が厭うようになって、現実世界に心が戻って来る描写があります。

その時に、聞こえた声が、

肩に降る雨の冷たさは生きろと叫ぶ誰かの声♪
肩に降る雨の冷たさは生きたいと迷う自分の声♪

まさに妄想から現実に戻って、生きていてもいいですかの答え が出たのではないかと思うのです。

 

生まれて初めての雨。1歳の幼児のピュアな反応に心が洗われる

miss M miss M
中島みゆき

曲名リスト
1. 極楽通りへいらっしゃい
2. あしたバーボンハウスで
3. 熱病
4. それ以上言わないで
5. 孤独の肖像
6. 月の赤ん坊
7. 忘れてはいけない
8. ショウ・タイム
9. ノスタルジア
10. 肩に降る雨

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by kazenaru at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399208209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。